HOME>コンテンツ>やぐらを用意するなら知っておきたいアルミ製のやぐら

やぐらを用意するなら知っておきたいアルミ製のやぐら

お祭り

軽くて丈夫で使いやすい

やぐらといえば多数の材木を足場として組み上げ、頑丈な床板を乗せたものをイメージする方が多いかもしれません。こうしたやぐらは重量がある上に、組み立てに専門的なノウハウが必要で、誰でも設営できるわけではありません。そのためイベントのたびに設営業者に依頼しているという方もいるのではないでしょうか。アルミ製のやぐらは軽量で持ち運びやすく、解体すればコンパクトに収納できるのが特徴です。特別な工具がなくても簡単に組み立てられるため、ランニングコストの節約にもなります。またオールアルミで十分な耐荷重が設定されているので、足元がたわんだりギシギシと鳴ったりすることもなく、安心して利用できるというメリットもあります。

やぐら

お祭りやイベントに最適

アルミ製のやぐらは地域の夏祭りや町内会の盆踊りなど、身近なイベントに幅広く利用されています。自治会の担い手が高齢化している現在、木製の重いやぐらを組み立てるのは大変な作業ですが、軽量なアルミ製ならば問題なく組み立てられます。またイベントが終われば小さく解体できるため、普段の収納場所に困ることもありません。小中学校の運動会や文化祭の野外ステージなどとして活用する方法もあります。組み立てが簡単で時間がかからないので、天候が不安定なときでも当日の朝に設営できるのが利点です。楽しいイベントも下準備や後片付けを考えると億劫になりがちですが、そうした面倒を少しでも省きたいならアルミ製のやぐらをお勧めします。

広告募集中